お金を持つ人

マンションの経営をプラスにするには空室対策が必須

不動産経営の悩み

ウーマン

物件の空室が出ない工夫

マンションやアパートを経営している方やこれから経営を考えている方の悩みの一つに空室が出た時ではないでしょうか。不動産投資は人気があり多くの方が投資目的で経営されていますが、空室の状態になった時のことを考えておくことも必要です。また、引越しシーズンや古い物件は空室が出やすいです。そのため、空室が出てもすぐに入居者が決まるような空室対策をしておくと安心です。不動産管理会社には、1度入居が決まった部屋は空室が出ても家賃保証をするシステムもあります。ですので、管理してもらう不動産管理会社を選ぶことも空室対策です。または、経営するアパートやマンションの部屋をリノベーションやリフォームして綺麗に保ったり入居しやすいような工夫をすることが重要です。

入居者が入居しやすい工夫

空室が出た時にすぐに入居者が決まるような工夫には、敷金礼金なしなどの入居時にかかる初期費用を安く済ませることは効果があります。また、部屋は綺麗に保ち入居しても良いと言う気持ちにさせることなど、その物件に入居者がメリットがあると入居しやすいです。その他にも、空室対策も重要ですが、退去がないように住みやすい環境など管理体制を充実させることも重要です。管理会社に依頼するなら管理会社も慎重に選びましょう。また、初期費用や家賃など大家さんとの交渉もありますので柔軟に対応することも必要かもしれません。数々のトラブルな心配なことにも対応しましょう。退去が出ても退去者が宣伝してくれるような物件を目指すことも必要です。このように、空室対策は多数あります。

住宅ローンを抱えた投資

マンション

マイホームの住宅ローンを抱えた会社員や公務員でも、投資用マンションを購入する際には、金融機関から融資を受けることが出来ます。投資用マンションは団体信用生命保険にも加入出来ますので、資産形成に有効な投資方法です。

管理をスムーズにする

男女

マンション管理会社は便利であり、マンションを運営するさいに欠かせない存在となっています。入居者に適切なサービス提供ができるよう、業者を選ぶさいはきちんとその業務内容を確認してから契約を結ぶようにしましょう。

企業が不動産を売るには

メンズ

企業が不動産を処分する際の選択肢としては、通常の売却を行う方法のほか企業買収によって企業ごと売ってしまうケースがあります。特に不動産を収入の柱としている企業であれば、売却よりも企業買収を選択する方が、税金の負担が少なくて済むといったメリットがあります。

Copyright © 2017 マンションの経営をプラスにするには空室対策が必須 All Rights Reserved.